スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケルト

文明ボーナス
歩兵の移動速度+15%
木こりの作業速度+15%、
砲撃兵器の発射速度+20%

固有ユニット ウォードレイダー(移動速度の速い歩兵)
固有テクノロジー ケルトの怒り(包囲攻撃訓練所のユニットのHP+50%)


チームボーナス
包囲攻撃訓練所の作業速度 +20%


ケルトについて書いてみます。
この文明は人によって好き嫌いが分かれる文明だと思います。
個人的にはとても好きな文明です。
破城投石とRAMを絡めた豪快な攻めが出来るところが大変魅力的です。
また木こりのボーナスがとても強いです。
AOCの内政の基本は木です。
畑を張るためには木が必要です。
市場で木を売れば金が手に入り、石が買えます。
つまり木さえ集まれば全ての資源を集めることができます、極論ですが。
そのためケルトの内政ボーナスはバイキングと並び最強だと思っています。

他の木に関するボーナスがある文明ですと、
チュートン:畑が安い
フランク:畑テク無料
フン:家をたてない
があります。

しかし、それぞれの効果が発揮されるのは
チュートン:畑を張ったとき
フランク:畑が枯れたとき
フン:家を建てる人数になったとき
です。そのため木をとること直接に関するボーナスではないです。フンの場合は
家を建てないことの方が大きいですね。

木をとること直接に関するボーナスとしては上の3国よりマヤの方が強いと思います。マヤは資源量の取得量
が他の文明より多いため、木こり場と森の距離が離れにくいです。その結果、資源採取の効率が高いです。



前衛
領主~城主序盤は木こりの作業ボーナスがあるため、どんな編成をやってもいいと思います。
特に民兵を行う場合、移動速度upボーナスがあるため相手の地形が悪い場合には
積極的に狙っていく方がいいと思います。

問題は城主中盤からです。弓懸&重石弓&弓鉄鋼3段階目がないため弓onlyでいくのはつらいです。
また馬にシフトしようにも血統と防御鉄鋼3段階目がないため厳しいです。
解決策としては
1、弓が残ってる間に槍投石を出す
2、さっさと帝王へ行く
があると思います。

個人的には1の方をおすすめします。内政力は大変つよいため、弓2回し&槍2回し&投石1回しでも
他の馬文明と同様の進化時間で入れます。相手前衛の早め帝王からの重石弓&円筒が怖い場合は
弓を回すのをやめて槍絞り気味の槍投石で帝王を急ぐのが良いと思います。


後衛

血統がありませんが即城騎士でも十分通用します。
またケルト特有としては民即騎士があります。民即騎士ははまれば相手を即死させることができます。
直も内政が強いため、直り合いになっても進化勝ち出来ますし、南米とは違い騎士が出るため
ありだと思います。

後衛でも前衛の場合と同じく城主後期が難しいです。早めに小屋を寄せるのがよいと思います。
私の場合、荷車を入れたら戦士小屋2個目を追加し、攻撃鉄鋼2段階目をあげる前に長槍にupさせいつでも
槍を出せるようにしています。これにより馬は相手の陣地で動かし自陣は槍で守るようにします。
ケルトの槍は足が速いため逆後衛を助けに行くことが出来ますし、小屋を寄せる場合にも初段兵の作成場所
として重宝します。

特に城主中盤で戦況が均衡してる場合は馬2回し&槍2回しするのがいいと思います。
進化を急いだところで出るのは弱い重騎士です。フルアップ城主騎士で対応されますし、
相手が帝王inしたら、相手の馬は重騎士になるわ、鉄鋼は入るわで終わります。
小屋を寄せるためにも相手の馬に対応するために槍を回しておくのが重要です。
槍を回してもケルトならば帝王in同時&馬同量は十分可能です。


暗黒~帝王
暗黒から内政ボーナスがあるため、相手がどんなに強くても城主まではいけると思います。
城主からはやられていなくても槍を出せるようにはしておくのがポイントだと思います。
逆が馬でやられていたら、槍を出してあげましょう。

城主内政はフルアップ、というか内政ボーナス&帝王での内政テクなしということから
城主で内政が完成します。
そのため本気城主気味で戦うことが可能です。
ケルトは帝王初期が軍事としての穴です。
質では確実に負けますので、量を出す&味方と連携するのが非常に重要です。




帝王戦
ケルトでの帝王戦については普段より詳しく書こうと思います。

交易が乗ったケルトは局地戦で真価を発揮します。
破壊力と柔軟性を併せ持っていて最強に見えます。
しかし、機動力がありません。ウォードレイダーは確かに足が速いのですが、速いだけです。
交易荒らしなどへの対応は他の文明に頼るのがいいと思います。


帝王ユニット
矛槍:壁。それ以上でもそれ以下でもない。騎士とハサーを倒すためにも活躍しますがやはり壁。

ウォードレイダー:壁2号。相手が槍散兵or南米の時は矛槍に混ぜる。あくまでもメインの壁は矛槍。
         力を発揮するのは兵勝ちした時。町の人を倒すときに必要。

RAM:HP405。ケルトの爆抜きを実現するための要素。兵勝ちしたら投石よりこっちを出す。

破城投石:味方もろとも攻撃する破壊神。これがあるからケルトはやめられない。


帝王編成
槍+破城投石+RAM+ウォード 最強編成.近衛騎士を槍で刺し、マングを破城投石で潰し、RAMで街を崩壊させ、
               ウォードで町の人を殺す。ウォードの扱いが軽い気がしますが、いると便利。


ハサー+精鋭散兵+矛槍 安物編成。鉄鋼が入っていないため少し頼りない。


帝王編成は1つしかありません。しかし相手の文明によって割合を変えることで柔軟な対応が可能です。

相手が騎士主体:矛槍とRAMをまずフルアップさせます。これによって馬のみでは止めることが
        出来なくなります。その後相手が散兵を出してきた場合は改良投石を出します。
        ウォードでもいいですが砲撃手がきついです。

相手が弓主体:投石を改良にアップすること、また化学、包囲攻撃技術、ケルトの怒りをすることが重要です。
       壁は長槍でもokです。またRAMのかわりに遠投を出した方がいいと思います。弓文明はユニークが
       強いため、城を破壊する必要があるからです。

相手がイーグル主体:ウォードと言いたいところなのですが、数を埋めるために剣士と槍を出します。
          そうなるとアップコストの関係でウォードは出ないと思います。
          城主から溜められるのであればウォードでいいです。槍は数合わせです。
          城主でつくられた弓に対応する必要があるため、改良投石程度にはあげておく
          のがいいと思います。

こんな感じでしょうか。意外と日本の剣豪やアステカのジャガーがきついと思います。ジャガーは出ないことが多いのですが、剣豪は結構ありますね。その場合は味方を呼ぶのが有効だと思います。




ケルトを相手にした場合

機動力がなく、帝王初期が弱い文明。それにこれといった強い兵は投石しかない。
単純な弓対決や馬対決なら兵質の関係で簡単に勝てる。槍や投石が混じりだしたら、槍
と投石のいないところに兵をぶち込めばok。



やはり弓と馬がフルアップしないのがきつい。
それをどうカバーするかが、この文明のポイントかな。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

こんにちわ。私はEnjoyingAOCというサイトを経営してます。

よろしければ相互リンクしませんか?
私のサイトはhttp://nancy74849.blog85.fc2.com/です。
お返事まってます。

Re: はじめまして

> Nancyさん

コメントありがとうございます。
以前からブログ読ませて頂いています。

相互リンクのお誘い大変嬉しいです。
こちらこそよろしくお願いします。



No title

城主中盤以降の戦い方を一つ。
ケルトの城主中盤からはRAMと投石を出しながら槍とできれば城を寄せてウォードが出せると非常に心強いです。ウォードは農民の殺傷能力が高く、騎士が来たら逃げて槍と戦える機動力もあります。
また槍投石だと騎士散兵の組み合わせに苦戦しがちです。ウォードなら散兵を蹴散らせるのでそういった点でも優れた編成ではないでしょうか。

投石の破城化はどうなんでしょう。コストが高い(F2250 G1500)ですからね。あまり使ってるのは見ないと思います。

ウォードさんは近衛剣士とタイマンでは五分五分ですが機動力の高さで実用性はぶっ飛んで高いのでもうちょっと見てあげてくだしぁ><

Re: No title

> Nancyさん
コメントどもですw
まさにおっしゃる通りですね。
ウォードについてはふざけて書きすぎましたw
生産速度が速いのも高ポイントですね。

投石の破城化に関してはもちろんやります。
ただし無理に破城化するよりは、その資源を生かして数を出すことや、交易を回すことに
使った方がいいと考えています。




プロフィール

うたげ

Author:うたげ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。